矯正治療について 

健康で美しい歯並びの笑顔は大変魅力的です。

近年日本でも欧米諸国並みに美しい歯並びに対する意識が高まり、矯正治療は一般的になりつつなります。綺麗な並びやかみ合わせは、見た目に美しいだけでなく、口や全身の健康にとっても欠かせないものです。また、心の健康にも大きな影響を及ぼします。

 

歯並びやかみ合わせが悪いと・・・

歯ブラシがうまく当たらず磨きのこしが多くなるため、虫歯や歯周病になりやすい。

食べ物が良く噛めず、胃腸に負担がかかり消化吸収や栄養摂取の面で問題がある。

口元に自身が持てないため、口元を気にして消極的・内向的になる傾向が見られる。

噛む回数が必然的に少なくなり、知能や運動機能の発達にも影響を与える可能性がある。

顎の病気(顎関節症)になりやすい。

前後左右均等に噛むことができないため、筋肉や骨格にアンバランスが生じ、顎の成長や顔の形にも影響が出る場合がある。

 

矯正治療の意義と目的

矯正治療は、歯を動かす為に矯正装置を装着する期間と矯正後の後戻りを防ぐ保定装置をつける期間を合わせると、どうしてもある程度の年数を要する。矯正装置を装着することに不便や抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。
しかし、一度矯正してしまえば、手入れをきちんとすることにより、きれいな歯並びでよいかみ合わせのまま一生自分の歯としてつかうことができます。

矯正治療の目的は単に見た目に美しい歯並びにするというだけでなく、正しいかみ合わせを作り出すことにより、虫歯・歯周病・顎関節症などを予防し、全身の健康を保つといることにあります。

のむら歯科では矯正開始年齢に応じ、小児の矯正と成人の矯正の大きく二通りの矯正治療を行っています。

 

小児矯正

矯正開始年齢により、大きく二つの段階に分けられます。

装置の費用・装置期間は、その症状によってどのような装置をつけるかにより異なります。

 

【第一期治療】

子供の成長期を利用して、永久歯の上下全歯4本が萌出した時期(6歳~9歳)から顎を拡げて歯の萌出スペースを作ったり上下顎の成長方向をコントロールして、前後左右的な顎の関係を整えたりすることにより、矯正を行います。

将来的に歯を抜かずに治療できるのがメリットです。

装置の費用・装置期間はどのような装置をつけるかによって異なります。

 

【第二期治療】

永久歯が全部萌出してから治療(12歳前後)を始めます。

一本一本の歯につける装置(マルチプラケット)を装着する本格的な矯正治療です。

 

成人矯正

大人になってからも、部分矯正から全顎矯正まで矯正治療は可能です。

症例により、抜歯が必要場合と必要でない場合、また装着する装置や期間も異なりますので、歯並びに関して気になる点がある方は、お気軽にご相談ください。

 

矯正治療の流れ

  1. 初心・カウンセリング
    お口の中を検査した後、治療についてのご相談をお受けし、治療の内容・期間・費用の概略についてお話します。
    ※ご相談だけでも構いませんので、お気軽にご相談ください。
  2. 検査
    レントゲン・写真撮影・歯の模型等必要な検査を行います。
    ※ゆっくりご検討いただき、検査の結果、矯正治療を受ける場合。
  3. カウンセリング
    検査の結果を元に、今後の治療内容・期間・費用について詳しくご説明します。
    治療の選択肢が複数ある場合には、それぞれについて説明いたします。
    納得していただいた上で治療方針を決定します。
  4. 虫歯・歯周病などの治療
    矯正治療開始前に必要な治療がある場合は、これらの治療を先に行い、お口の中を良い状態に整えます。
  5. 虫歯・歯周病などの予防と治療
    装置を作成し、装着します。
    矯正装置・器具装着中は汚れがたまりやすいため、歯磨き指導を同時に行います。
    矯正治療中は虫歯や歯周病にならないように、定期的に予防処置を行います。
  6. 矯正装置の調節
    (ほぼ毎月毎)矯正装置を調整し、歯を良い位置に動かしていきます。
    治療期間は症例により、数ヶ月~3年位と様々です。
    検査結果はカウンセリングの際にご説明します。
  7. 固定装置(リテーナー)に移行
    矯正装置を外し、かみ合わせが安定するまで、歯が動かないように固定位置をつけます。
    (固定装置は取り外し可能なもので、夜のみ装着していただきます。)
    矯正装置を外した後、歯は放っておくと元の位置に戻ろうと自然に動きます。
    それを防ぐために固定装置をつけます。
    個人差はありますが、平均装着期間は3~4年位です。
  8. 定期健診
    定期的に検診に来ていただき、経過観察、虫歯や歯周病の予防処置を行います。