矯正 Q&A

 

Q. 子供の矯正治療を考えているのですが、何歳ごろから始めたら良いのでしょうか?
A. 症例により矯正治療の開始時期は変わってきます。
気づいたときに早めに相談し、最良の時期に治療を開始できるようにしておく事をお勧めします。

Q. 子供が学校の検診で不正咬合と診断されたのですが、すぐに矯正治療をした方がいいのでしょうか?
A. 必ず矯正治療を行わなくてはならないというわけではなく、必用ない場合もあります。
年齢が上がるにつれて不正咬合が悪化することもありますが、習慣の改善によって良くなること、歯の生え変わり時期に自然に治ることもまれにあります。一度、歯科を受診して相談されるといいと思います。

Q. 矯正を小児の時期から始めるメリットは何ですか?
A. 歯並びの悪さや不正咬合の多くは、歯の問題だけでなく、顎の大きさや、歯と顎の位置関係のバランスにも問題があることが多いです。小児の時期であれば、成長期を利用することで、顎の大きさを調整することができ、将来歯を抜くことなく歯と顎のバランスを整えることができます。また大人に比べ、動かしやすいといった点もあります。

Q. 子供が矯正装置をつけることを嫌がらないか心配です。
A. 昔と違って、矯正装置をつけている子供がクラスに複数いることも珍しくありません。
友達が矯正装置をつけているので、自分も矯正装置をつけたいと言って来院するお子さんも中にはいます。
ただし矯正装置をつけることによるストレスがあることは事実です。お子さんの性格をよく考慮して、できるだけお子さんが自分の力で理解し実行できる時期から矯正を開始するのが理想ですが家族の方の協力と医院でのプロフェッショナルケアで連携関係を築くことも小児矯正治療を成功させるのに大きな助けとなります。
幼少期からのかかりつけ歯科で矯正することは、医師がお子さんの性格や歯の状態、生活習慣をよく理解しているため、子供や保護者との意思疎通が比較的スムーズに行え、最適のタイミングを見て治療を開始することができます。

Q. 歯の矯正は何歳ごろまで可能でしょうか?
A. 特に制限はありません。
年齢が上がるにつれ、歯を動かす際の痛みは大きくなる傾向はありますが、子供と違ってご自身で歯並びをきれいにする目的を正しく理解できるので、歯磨きなどのセルフケアもしやすい点からは有利と言えます。
中高年の方にとっては美しい歯並びにすることで、若返りの効果も得られます。